• トップ

弁護士は報酬が決まっている

生活の身近な法律相談として弁護士に依頼することもあるかもしれませんが、依頼する上では慈善事業ではないためお金が発生するのが一般的です。現在は経済的に苦しい方向けの法律扶助制度などもあるため、それを利用すれば費用もかからず依頼もできますが、普通に依頼するためにはお金がかかります。ただ弁護士は報酬を受ける場合には、規則によって案件ごとに定まっているのも事実で、その大体の目安を知ることができます。一般の人がどのくらいお金がかかってしまうのかは、この報酬がどのくらいになるかに直結するため、関心事の一つになります。実際に依頼する上では事前に相談を受ける中で、弁護士が直接、報酬に関することを説明してくれお金がどのくらいかかるかや支払い方法などの説明を受けることが可能です。依頼に着手するためには、まずは着手金が発生しその後に事務処理のための費用や解決に至った場合の報酬が決まる流れになります。弁護士に依頼する報酬が高額になるというイメージが存在しますが、実際は案件ごとに規則があるのでそれに基づいた形となります。スムーズな問題解決のためにはお金はある程度で必要なので、弁護士に依頼するシーンがなければそれに越したことはありませんが、依頼した場合には覚悟すべきです。

バックナンバー

↑PAGE TOP