• トップ /
  • 弁護士にかかるお金の相場

弁護士費用の平均的な価格帯

弁護士にかかるお金の相場は様々ですが、離婚問題の場合は着手金が約30万円前後、報酬金として30万円と経済的利益のおよそ10%が平均的な金額です。また交通事故の場合にかかるお金は、着手金は無料のことが多く、そして報酬金として約20万円前後と獲得損害賠償額の10%が弁護士費用の平均となります。さらに相続問題にかかるお金に関しては、着手金に幅があり、10万円から30万円が相場です。そして報酬金は、獲得相続額の10%となっています。その他、残業代請求にかかる弁護士費用は、ほとんどのケースで着手金が不要ですが、獲得残業代のおよそ24%が報奨金として必要になります。尚、未払い残業代の請求については、事務所によって相場も変わってくるため、注意が必要です。予算が足りない場合は、複数の弁護士事務所で見積もりを取り、もっとも安価なところに依頼するという方法もあります。また刑事事件に関しては着手金も高くなり、およそ30万円から40万円です。さらに報酬金に30万円から40万円前後かかります。詳しくは、刑事事件専門の弁護士に相談することが推奨されています。その他、一般民事事件の場合は、旧報酬規定に準じて費用が設定されます。

バックナンバー

↑PAGE TOP